『WinActor Ver.7.2.0の新機能』コツコツ勉強会セミナーレポート

セミナーイベント

こんにちは、ブレイン・ゲートRPA事業部 サポートデスクです。
今日は、2021年2月上旬に開催したWinActorコツコツ勉強会『WinActor Ver.7.2.0の新機能』
について、レポートをお届けします!

WinActorコツコツ勉強会とは?

RPAをはじめとする業務効率化ITソリューションについてテーマ毎に開催している勉強会です。
導入時のノウハウから、導入後の運用のお悩み等、様々なテーマを取り上げています。
Zoomを使用したオンラインセミナーですので、全国どこからでもご参加いただけます。

WinActor Ver.7.2.0の新機能

2021年1月末に、NTTグループのRPA「WinActor®」の最新バージョン「Ver.7.2.0」がリリースされました。
本セミナーでは、WinActor Ver.7.2.0にて追加された新機能をご紹介しました。
WinActor Ver.7シリーズでは、WinActor最大の特徴である「現場フレンドリー」の思想を一層進化・深化させ、初心者はもちろん上級プログラマにとっても対応可能な、誰もが使いやすいRPAを追求しています。

今回は、次の3つの機能について、重点的にご説明しました。
・初心者向けエディタ(WinActor Storyboard)
・UI Automationを用いた新しい自動記録モード
・Chromium版Microsoft Edge向け自動記録モード


新機能の中で特に目玉と言えるのが、初心者向けエディタ(WinActor Storyboard)
これまでのWinActorにはなかった、まったく新しいロボット作成方法です。
今回のセミナーで、詳しく解説させていただきました。
これからVer.7.2.0をご利用になる方はぜひ使ってみてくださいね。
また、UI Automation自動記録モード、Chromium版Microsoft Edge向け自動記録モードは、シナリオの安定性を向上させる新機能です。
現行で画像マッチングノードやエミュレーションを使って、システムやMicrosoft Edgeを動かしている方にとって、役立つ最新情報になったかと思います。

WinActorの最新情報がテーマだったこともあり、多くのお客様にご参加いただきました。
さらに、途中でご質問をいただくなど、積極的に受講していただきました。

ご質問例
・初心者向けエディタ(WinActor Storyboard)で作ったシナリオをWinActorで編集することができますか?
・UI Automation自動記録モードで作成したノードは、解像度の変更など、環境が変わっても問題なく実行できますか?
・OCRマッチングノードを用いて、どのようなことができますか?
★ご質問の回答は、WinActorサポートサイトに掲載する予定です。
また、サポートサイトでは、過去に開催したセミナーの動画を配信しています。
ぜひチェックしてみてください。

次回開催のご案内

WinActorコツコツ勉強会は毎月テーマを変えて、業務効率化を進めるのに役立つ情報をお届けしています。

第8回WinActorコツコツ勉強会では、『メール操作のシナリオ作成方法』をテーマに開催いたします。
ぜひご参加ください!

概要

メール送信に必要なノードの設定方法についてご紹介

こんな方にオススメ

・メール処理まで自動化を広げたい方
・メール処理の設定に挫折してしまった方

関連記事一覧

WinActor®のお問合せや体験について

まずは無料で試してみる

WinActor®評価版 お申込み 

もっと知りたい

資料請求 お申込み 
Click to Hide Advanced Floating Content
AI-OCRとRPAをお試し♪

読み取り精度を確認して
費用試算までできる!

AI-OCRトライアル