WinActor®製品形態 導入予算

  • HOME
  • 製品形態/導入予算

製品の種類

WinActor® フル機能版 ソフトウェア・ロボットの作成/編集/実行が可能
WinActor® 実行版 作成されたロボットの実行のみ可能(再生専用)

  • 注意※
  • フル機能版1ライセンスは必須です。
  • 1台のPCで同時に実行可能なロボットは1つです。

ライセンスの種類

ノードロック方式(従来) ・WinActor®インストール端末上でライセンスを管理
・インストールした端末のみWinActor®が利用可能
・インストール端末数分のライセンスが必要
フローティング方式 ・インストールした台数ではなく、同時実行する端末の台数を「WinActor® Manager On Cloud」で管理
・購入したライセンス数の範囲内で、端末を限定せずWinActor®が利用可能
・同時利用する端末数分のライセンスが必要
(例)25ライセンス購入の場合
 ・25台まで同時利用可能
 ・利用する端末は限定されない
 (WinActor®をインストールした全ての端末で動作可能)

契約形態

年間サブスクリプション 1年間のご利用権を購入いただきます。
毎年、更新手続きが必要

製品の価格(ノードロック方式) ※フローティング方式の価格は  お問い合わせ下さい

フル機能版 実行版
メーカー希望小売価格 908,000円 248,000円

動作環境(ノードロック方式)

対応OS Windows7 SP1 / Windows8.1 / Windows10 / Windows Server2012 R2 / Windows Server 2016
推奨CPU 2.5GHz以上のx86またはx64プロセッサー
ハードディスク 空き容量3.0GB以上
メモリー 2.0GB以上
対応ソフトウェア Microsft Office 2010 / 2013 / 2016
※Office連携時
対応ブラウザ InternetExplorer11
※ひな形作成機能使用時
ディスプレイ 1024X768以上が表示可能なもの

初期導入費用の目安

初期費用(ライセンス+導入支援)90~150万円程度です。
弊社の場合、問い合わせ対応を無償でおこなっているため、2年目以降の年間での必要コストはライセンス費用のみです。

WinActor®に関するよくある質問はこちらから